/
カテゴリー

ICTSC7お疲れ様でした。

大阪工業大学の矢田一樹です。

今回は、B社3問目のKAZ問題:「pingが通らない」を解説します。

コア技術:BGP

問題文

新入社員に自社が押しているBGPに慣れてもらうために設定をさせることにした。
ルーターの数がフルで使われているため、仮想ルーター(vyos)を使って組んだら、
外への疎通が途絶えてしまった。原因を究明して対策を行い報告してほしい。

C社(R1)からE社(R4)にpingが通るようにしてその結果を報告書に加えること。

トポロジ図

 

今回のテーマ

・ルーティングテーブルに乗らない理由に気づく。

・IBGPとEBGPのnext-hopの仕様の違いに気づく。

・static routeは一つだけ使えばいいことに気づく。

 

原因と解決方法

原因

IBGP(同じAS間のルーター)内にあるルーターがEBGP(別のAS間)でピアを張ったときに、パケットを正常に送信できていない。

BGPのNEXTHOPアトリビュートはEBGPとIBGPで仕様が違う。

  • IBGPはルートのnexthopを変更せずに送る。
  • EBGPはルートのnexthopを変更して送る。

この違いによりnexthopが合わなくなり、ベストパスに選ばれないため、ルーティングテーブルに載らなくなる。

  • 具体的には、eth0が192.168.7.10/26のルーターが該当する。

解決方法

IBGPのピアを張った先のルーターに向けてstatic route を記述する必要がある。

採点基準

1.R4までピアを張ったあとに共有される192.168.7.128/26のnexthopがR3(7.67/26)に固定されている事に気づくか。[20%]

2.R1,R2間でIBGPでルート共有した時に、R1のBGPルーティングテーブルの192.168.7.128/26のNextHopが変更されていないのが原因だと気づくか[30%]

3.Static route を正しく設定したか[50%]

報告書とpingの結果で確認する。

講評

・この問題は3問目に該当するためか回答したチームは2~3つであった。

・問題の難易度に関してはvyosが使えれば難しくはないと思う。

・vyosを是非、触って見てほしい。

 /

皆さんお久しぶりです!ICTSC7で問題リーダーだった伊東と川原です。

ICTSC7の開催から早1か月、問題解説を公開するのが大変遅れて申し訳ありませんでした。準備が整いましたので、来週から順次それぞれの作問担当から問題の解説記事を投稿する予定です。今しばらくお待ちください。この記事の末尾にそれぞれの公開された記事のリンクを順次追加していきます。

各問題の概要について

先立ちまして、協議終了後に少しお見せした問題の概要をまとめたスライドがありますのでご覧ください。

問題解説スライド

記事へのリンク

A社

  • 1問目 (MIC):
  • 2問目 (HIZ):
  • 3問目 (MAH):

B社

C社

  • 1問目 (RYO):
  • 2問目 (MIZ):

D社

E社

F社

G社

まとめ

今大会の問題はいかがでしたでしょうか?

難しかった、悔しい!と思っている方、賞金欲しかった!と思っている方など居ましたら、是非次回も参加してリベンジをしてみてください!

また、初参加の皆さんもこのような問題が出題される大会ですので、興味があればぜひ参加をしてください!