/
カテゴリー

問題名

Nginxが展開されない

概要

大学でパソコン部に入部したあなたは、部内インフラ基盤を整えることになった。
先輩がハンズオンに参加してきたそうで、ハンズオンで教えられたマニフェストをそのまま部のサーバーに構築されたkubernetesで動かそうとしたが動かなかったらしい。
先輩はこれからレポートで忙しいそうなのであなたがハンズオンで教えられたマニフェストであるnginx.yamlに記載されたリソースを動くようにしてほしい。
NginxにつけたいIPは192.168.24.10もしくは192.168.24.11のいずれかでよい。
masterのホームディレクトリにクラスタのアクセス情報があるため、masterからk8sクラスタは操作できる。

前提条件

  • nginx.yamlの変更不可

初期状態

  • NginxのPodがPending

終了状態

  • nginx.yamlで定義したNginxのPodがrunningになっていること。
  • Nginxに定められたIPでアクセスできること
  • nginx.yamlに記載されたリソースが動作していること

構成情報

kubernetes Master x1, Node x1

問題状況

以下が nginx.yaml

apiVersion: v1
kind: PersistentVolumeClaim
metadata:
  name: cephfs-pvc
spec:
  accessModes:
  - ReadWriteMany
  resources:
    requests:
      storage: 1Gi
  storageClassName: csi-cephfs
---
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: nginx-deployment
spec:
  selector:
    matchLabels:
      app: nginx
  replicas: 2
  template:
    metadata:
      labels:
        app: nginx
    spec:
      containers:
      - name: nginx
        image: nginx:1.7.9
        ports:
        - containerPort: 80
        volumeMounts:
        - name: nginx-data
          mountPath: /usr/share/nginx/html
      volumes:
      - name: nginx-data
        persistentVolumeClaim:
          claimName: cephfs-pvc
          readOnly: false
---
apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: nginx
spec:
  ports:
    - port: 80
      protocol: TCP
      targetPort: 80
  selector:
    app: nginx
  type: LoadBalancer

Pod,PVC、LoadBalancerがPendingになっている。

解説

今回のkubernetesクラスタはKubeadmによって構築されている。
Type:LoadBalancerを用意するだけでアドレスは降ってこないことと、 PVがないことが原因である。

MetalLB

LoadBalancerはMetalLBを利用することで解決する。
https://metallb.universe.tf/installation/ より

kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/metallb/metallb/v0.11.0/manifests/namespace.yaml
kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/metallb/metallb/v0.11.0/manifests/metallb.yaml

metallb-config.yamlを作る

apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
  namespace: metallb-system
  name: config
data:
  config: |
    address-pools:
    - name: default
      protocol: layer2
      addresses:
      - 192.168.24.10-192.168.24.11

適用してあげる

kubectl apply -f metallb-config.yaml

ストレージ

hostPathを利用することで永続ストレージを用意してあげることができる。
hostPathでデータを保存するディレクトリを用意する。今回は/dataとする。

sudo mkdir /data

ストレージの種類・プロファイルを設定するStorageClass、永続化ボリュームのオブジェクトであるPersistentVolumeを作成すると解決する。

sc.yaml

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: csi-cephfs
provisioner: kubernetes.io/no-provisioner
volumeBindingMode: WaitForFirstConsumer

pv.yaml

apiVersion: v1
kind: PersistentVolume
metadata:
  name: test-pv
spec:
  capacity:
    storage: 5Gi
  volumeMode: Filesystem
  accessModes:
    - ReadWriteMany
  persistentVolumeReclaimPolicy: Delete
  storageClassName: csi-cephfs
  hostPath:
    path: /data/test
    type: DirectoryOrCreate

その他の回答

  • アドレス
    • パッチで LBにexternalIPsを使ってIPをつける
  • ストレージ
    • hostPathではなくNFSを利用

採点基準

  • 指定したIPでNginxのType:LoadBalancerが利用できるようになっている:50%
  • StorageClass,PersistentVolumeを用意して、NginxがRunningになっている:50%