/
カテゴリー

概要

HostA から HostB への通信経路を冗長化しようとしているが、なぜかつながらない。原因を究明してつながるようにしてほしい。

前提条件

  • HostBは触れない
  • ルータのconfig を変更してはいけない

初期状態

HostA から HostB(192.168.19.129) に ping が通らない

終了状態

デフォルトゲートウェイの冗長化をして、HostA から HostB(192.168.19.129) に ping が通るようにしてほしい

解説

初期状態でRTA,SWB間は物理的に切れています。

HostAのstatic route を書き間違い
RTAにstatic route で流れているのでvrrp の仮想IPに設定しなおします

delete protocols static route 192.168.19.128/25 next-hop 192.168.19.2
set protocols static route 192.168.19.128/25 next-hop 192.168.19.126

VRRPで上流側のインターフェースのUP/DOWNを確認するヘルスチェックのスクリプトを書いたつもりが下流側のインターフェースをチェックしていたので下記のように書き換える

  • RTA(/config/scripts/vrrp-check.sh)
#!/bin/vbash
source /opt/vyatta/etc/functions/script-template
if ping -c 1 192.168.19.129 &> /dev/null
then
        configure
        set high-availability vrrp group group1 priority '150'
        commit
        exit
else
        configure
        set high-availability vrrp group group1 priority '50'
        commit
        exit
fi
  • RTB(/config/scripts/vrrp-check.sh)
#!/bin/vbash
source /opt/vyatta/etc/functions/script-template
if ping -c 1 192.168.19.129 &> /dev/null
then
        configure
        set high-availability vrrp group group1 priority '140'
        commit
        exit
else
        configure
        set high-availability vrrp group group1 priority '40'
        commit
        exit
fi