/
カテゴリー

概要

bgp 問題.png


Keshikaran Clientから胡散臭いサーバにpingを飛ばしたところ応答は返してくれるがあまりにも不安定な動作を引き起こしています。
このけしからん現象が起こっている理由と解決方法について説明してください。

前提条件

  • 胡散臭いAS(AS65001)はもちろん触れない

初期状態

Keshikaran Clientから胡散臭いサーバにpingを飛ばすがかなり不安定

終了状態

  • Keshikaran-Client、Keshikaran-R1,Keshikaran-R2から胡散臭いサーバにpingが通るように修正する
  • パケットロスしている理由を説明する

解説

AS65001の不具合とKeshikaran-R1と胡散臭いAS-R1の間の専用線の不具合によって引き起こされている。
まず、Keshikaran-R1と胡散臭いAS-R1に間は50%のパケットロスが必ず起きる回線を使っており、その問題で必ず引き起こされている。

bgp 解説.png

初期状態の場合は、赤の品質の悪い専用線を通るルートになっている。
青の経路使って、通信するには、以下のようなコンフィグにすることで、検証できる。

Keshikaran-R1  

protocols {
    bgp 65000 {
        address-family {
            ipv4-unicast {
                network 192.168.22.16/28 {
                }
                network 192.168.22.48/30 {
                }
                network 192.168.22.240/32 {
                }
                network 192.168.22.241/32 {
                }
            }
        }
        neighbor 192.168.22.50 {
            address-family {
                ipv4-unicast {
                    soft-reconfiguration {
                        inbound
                    }
                }
            }
            remote-as internal
        }
        parameters {
            router-id 192.168.22.240
        }
    }
    ospf {
        area 0 {
            network 192.168.22.60/30
            network 192.168.22.48/30
            network 192.168.22.16/28
        }
        parameters {
            abr-type cisco
            router-id 192.168.22.240
        }
        passive-interface eth0
        passive-interface eth3
    }
    static {
        route 192.168.22.32/28 {
            next-hop 192.168.22.50 {
            }
        }
    }
}

Keshikaran-R2

protocols {
    bgp 65000 {
        address-family {
            ipv4-unicast {
                network 192.168.22.16/28 {
                }
                network 192.168.22.48/30 {
                }
                network 192.168.22.240/32 {
                }
                network 192.168.22.241/32 {
                }
            }
        }
        neighbor 192.168.22.49 {
            address-family {
                ipv4-unicast {
                    soft-reconfiguration {
                        inbound
                    }
                }
            }
            remote-as internal
        }
        neighbor 192.168.22.54 {
            address-family {
                ipv4-unicast {
                    soft-reconfiguration {
                        inbound
                    }
                }
            }
            remote-as 65001
        }
        parameters {
            router-id 192.168.22.241
        }
    }
    ospf {
        area 0 {
            network 192.168.22.48/30
            network 192.168.22.52/30
            network 192.168.22.241/32
        }
        parameters {
            abr-type cisco
            router-id 192.168.22.241
        }
        passive-interface eth0
        passive-interface eth2
    }
    static {
        route 192.168.22.32/28 {
            next-hop 192.168.22.54 {
            }
        }
    }
}

また、Kesikaran-R1からNazoAS-R1宛にpingを飛ばすと、約50%の確率でパケロスが生じるため、回線について触れていた方に50%の得点が入るようにしました。。  
そしてパケロスについての表記を忘れていたため、pingが飛ぶことを確認された団体の方には50%の得点が入るようにしています。

採点基準

pingが飛ぶこと 50%(パケットロスについての表記を忘れており提出した方には、全員50%以上になっております。)
Keshikaran-R1と胡散臭いAS-R1の間の専用線の不具合のことが書かれている 50%